横にして運んではいけない家電って何?

今日は、アプリ関連では無く、気になった事があったので参考になったページと一緒にご紹介いたします!

 

引越しや移動時には、横にして運んではいけない家電があることはご存知でしょうか?

 

代表的な電化製品を上げると、

  • 冷蔵庫
  • 洗濯機
  • エアコン室外機

が該当します。

これらの家電を、横向きにしての運搬すると、正常の能力を発揮しなくなったり、最悪故障につながることで知られています。

 

理由を紐とくと(めんどくさがらずに後学のために理解しましょう!)

 

まず冷蔵庫は、横にする事で、内部のコンプレッサー(冷蔵庫内に冷たい空気を作って送る装置)にあるオイルが逆流してしまう点が挙げられます。

 

オイルが管を通って別の場所に移動した状態でコンプレッサーを動作させる事で、摩擦が生じ、正常に動作しなくなります。

 

結果として時間を置いても冷えないという原因になります。

 

また管事態が細いため、横にする事で割れたりひび割れの原因にもなります。

 

ボディー自体も横からの衝撃には弱いため、車両での運搬時にも必ず立てたまま運ぶ事が業者の間では義務付けられています。

 

 

次に、洗濯機は、内部にある洗濯層の部分が横にする事でずれてしまい、結果として動作不良につながるという理由です。

詳しく掲載されているサイトはこちらです。

参照:洗濯機は横にして運んじゃダメ!

(洗濯機の引越し.net)

いきなり、やたらうるさくなったり、騒音が出だすのは、この内部軸がずれてしまっているからです。

全自動とドラム式は横にして運んではいけませんが、二層式の場合は問題が無いようです。

(二層式は横にして運ぶ事が難しいですが・・・)

 

 

最後の、エアコン室外機も冷蔵庫と同様に内部にコンプレッサー(空気圧縮機)が埋め込まれています。

(室内の熱い空気を、室外機が取り込み、コンプレッサーで圧縮して冷たくして室内機に送り届けます。)

このコンプレッサーもオイルで稼働しているため、管を通って別の場所に移動させた状態で稼働させると故障してしまうという原理です。

 

以上の3つの家電を移動させる場合には、気を付けて運搬するか、重量がかさむ場合は専門業者にお手伝いをしてもらう事を検討して下さい!